記事一覧

太陽に気付かないアタッカー

イソップ寓話で「北風と太陽」と言うお話があったと思います。北風と太陽が力比べをして、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負のお話です。お話では北風が強風で旅人の上着を吹き飛ばそうとしますが失敗し、太陽は燦々と日光を旅人に浴びせ、暑いと感じた旅人自ら上着を脱ぎ、太陽が勝利するというお話になります。これは手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとするよりも、ゆっくり着実に行う方が、最終的に大きな効果を得ることができるという教訓を意味していると推測します。

ヴァナでは旅人が冒険者のアタッカーとなり、北風が開発の創造したモンスターで、太陽は「カット装備」と考えてください。アタッカーは与ダメージに慢心し、与ダメージに寄与するプロパティのみ採用しますが、北風たるモンスターは強風を通り越してカテゴリー11くらいの範囲攻撃を連発して来ます。旅人は上着を脱ぐ所か命まで奪われて冒険者としての役割を終えてしまいます…。

北風と太陽

手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとするアタッカーは、与ダメージに寄与するプロパティのみ採用し、時間制限が余っているにも関わらず、「太陽」の存在に気付きもしません。これは盾や回復や支援ジョブを他にやっているアタッカーをプレイしている人にも見られ、All jobs 脳筋な人だけの特徴ではありません。さて、どうしてこのような状況が生まれるのでしょうか?

答えは簡単で、強めの敵に対してソロを行ったことがないか、行ったとしてもパーティプレイでないと無理と諦めている人に、多くこの特徴がみられます。ソロではフェイス含めて自身で何とかしなければいけない状況が多数出てくるので、必然的にカット装備なり自衛手段を選択しないと生き残れません。この結果、「太陽」の存在に気付いてそれがパーティ戦でも有利に働くのです。

こういった方は、ソロで挑めそうな低CLのコンテンツや、今が旬のシニスターレインの対戦相手が選べる版を戦利品の取得に拘らず、ソロプレイしてみては如何でしょうか。(まあ中にはセサンスピアス欲しいが忍者で★畏れよ、我をの、むずかしいをクリア出来ないと言う方も居ますが…トライ&エラー&リカバリーが出来ないレアケースでしょう。)

コメント

No title

グリム童話ではなくイソップ童話ですね

Re: No title

nanashiさん

> グリム童話ではなくイソップ童話ですね

あれれ。間違えました、指摘ありがとうございます。
訂正しておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

washi2018

Author:washi2018
活動鯖:Bahamut
キャラ名:Likter(リクター)
タルプリをこよなく愛するお髭の管理人

FF11関係サイトはリンクフリーです。ただし著作権法により引用は認められていますが、転載は管理人の許可が必要です。

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
© 2002-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カウンター