記事一覧

使いにくい=悪か?

前回でもチラッと触れた「 聖なる武器と生きている武器 」は、こちらより。

どうもこのゲームをプレイして居る人の極一部に声の大きい奇妙な方々(おそらく少数でベクトルがネジレている)が混じっていて、ゲームをゲームとして認識していない不思議な人が居るものだなぁと、今回の白魔道士の調整による騒動?を見て思いましたの。調整なので当然ユーザが不利益な修正も含まれますね。

例えばわし的に見ると、今回の調整はエスナの最悪にして使い勝手を悪くしていた「自分が状態異常を受ける必要がある」と言う部分が解消されています。さらに「対象の状態異常を全て治療出来る」ようになり、ミゼリ中はアムネジアまで治療可能になりました。

これはゲームなのでトレードオフ(どれかが良くなるとバランスを考慮して、どれかが犠牲になるという絶対の法則が発生します。理不尽を克服して楽しむのがゲームです。極論として全部の状態異常を自動かつ無詠唱で消費MPなしに回復する機能を付けたら楽しいでしょうか?)なのです。その結果、単体化と消費MP増大、再詠唱時間増大のトレードオフがなされました。それによってマスター専用青武器「アスクレピウス」のプロパティが無意味になったので、「エスナの状態異常回復数+○」→「エスナで回復した状態異常1つにつきHPを○%回復」に変更されました。 (○部分の数値は合成品のクオリティによって上下します。)

このエスナ単体化によってもっとも不利益を受けるのが、ミシック武器「ヤグルシュ」を持ってなく状態回復を範囲化出来ない層だと思われます。なぜ白魔道士をやっていて持っていないとか、欲しくないのでしょうか?とか問い詰めたい所ですが、おそらく人それぞれに事情があるのでしょうから、持っていない事実は隠さないで「反対」して頂きたい物です。(持っていないのが悪いとかそういった意味はありません。立場を明確にして発言するのはディベート時のマナーです。)

そしてサクリファイスですが、新エスナが「対象の状態異常を全て治療出来る」ようになった事によって、旧サクリファイスは「対象の状態異常を自身に移し替える」と言う魔法だったので、事実上、無意味な魔法になってしまいました。当然、新エスナで「対象の状態異常を全て治療出来る」ので、ソラス旧サクリの「弱体効果の数や種類にボーナスを得る」も無意味な効果になりました。

そこで新サクリは「標的のパーティメンバーが受けている弱体効果を1つ、効果時間を短縮して自身に移し替える。ハートオブミゼリ:自身に移し替えた状態異常を耐性に変換する」に代わったのでしょう。この変更点に関しては、わしも異論があり、正直「使い所がないなぁ」ですね。おそらく女神の愛撫のロジックをコピペして作りこんだような感じですね。逆に言えば愛撫が機能していた一部の戦闘では、白のみ愛撫の強化版を手に入れたと考えても良さそうですね。

こうして全体を読み解くと、わし的には悪くないと思いますが、また一部分の文章だけ切り取って人の揚げ足とって承認欲求を満たしたいだけの変な人が湧いても困る(わし的に喜ぶ)ので、「 この記事のコメントは非公開とさせて頂きます。 」と最初に宣言して置きます。何かあればフォーラムに直接書き込んで開発の目に触れるようにしましょうね。

「賛成」「反対」の意見を両方共に自分の御立場と意見をフォーラムに書かれるのが良いと思われます。サイレントマジョリティー(物言わぬ多数派)では開発として判断出来ませんし、今回は珍しく開発自らが意見を聞くとコメントしたので、この機会にフォーラムを利用しては如何でしょうか?(このブログのように大企業は優しくはないので、某巨大匿名BBSでのノリのまま書き込むと、大変なことになるのでご注意を(笑))

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

washi2018

Author:washi2018
活動鯖:Bahamut
キャラ名:Likter(リクター)
タルプリをこよなく愛するお髭の管理人

FF11関係サイトはリンクフリーです。ただし著作権法により引用は認められていますが、転載は管理人の許可が必要です。

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
© 2002-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カウンター