記事一覧

与ダメージ最強の麻薬

脳筋(アタッカージョブ)の皆様、いかがお過ごしでしょうか。「やめられない止まらない」フレーズのお菓子がありますが、今日はそんな脳筋のお話です。わしも脳筋してるのでアタッカージョブは与ダメージを上げることだけに余念がないとは思いますが(以下から与ダメ)、与ダメに明け暮れて与ダメを失うと言う話です。まあタルは忠告は聞かないで良いのでプリッとしてて下さい。わしの大好物として、このブログの養分になって頂きますの。

白とかの回復ジョブをやった方ならば操作していて、そういうものだと感覚的に分るのでしょうが、魔法は同時に色々詠唱できないものです。強化や弱体をしている時にケアルを使えないのは、さすがに脳筋の方々にも分かっていると思いますが、魔法詠唱にはリキャスト(再詠唱可能待ち時間)と言うものが存在します。1度魔法を使うと次に同じ魔法を使えるまでに一定時間待たなければなりません。この間は同じ魔法が使えないので熟練の白はケアル3と4とか、より高い被ダメージ時には4と5を交互に使用してリキャストの壁を最小限に留めます。
さらに高い被ダメージになって来ると詠唱時間そのものが問題になってくるので、ファストキャスト(詠唱時間短縮)装備を詠唱前の装備に組み込んで、詠唱時間を短縮します。最大の短縮幅は80%なので、短縮していない素のケアル系の詠唱時間は2.5秒から、0.5秒まで短縮にはなると思われます。しかし、詠唱後硬直という現象があって、魔法モーションでキャラが腕を振り上げて下ろすまで14フレームあるので、さらに約0.5秒間は何もできません。以下がその画像になりますが、脳筋の方にも分かりやすく言うと、アビリティ後の硬直で一定時間、オートアタックでの通常攻撃が止まる現象に近いものと考えて良いです。

魔法詠唱開始 ここから腕を振り上げ
タル魔法詠唱開始

魔法詠唱終了 ここまで腕を振り下げる直前
タル魔法詠唱終了

さて、この間は回復も何もできないですし、さらには後衛が沈黙を食らったり盾が緊急事態の場合は、通常白等の回復ジョブは盾と後衛を優先して治療します。こういった時は悪い状況が続くもので、敵が強力な範囲攻撃を仕掛けて来たりするのが、あるあるパターンですよね。与ダメに明け暮れている脳筋さんは某有名ブログのDPSシート(条件設定した仮想敵に対して設定した装備品の瞬間与ダメを見れるExcelファイル)の最強装備を参考に俺最強と思っていた所、敵の強力な範囲攻撃で「蒸発(1ターンの間に瞬殺されること)」してしまいました。

あれれぇーおかしいぞぉ。「最強」だったのに戦闘不能で与ダメ下がるよね?

そうです。戦闘不能になったら与ダメージ下がりますが、瞬間的なWSダメージだけとか、戦闘不能まで与ダメージ気持ち良いじゃんって人は話にならないのでお引き取り下さい。一般的なゲームのバトル系コンテンツでは、制限時間内に敵を倒さなければならないですよね。さっきの戦闘不能になった時には制限時間ギリギリだったでしょうか?
ギリギリでしたらどうぞ与ダメ最強ヒャッホイして頂いて問題ありません。でも大抵の場合は制限時間が余っている状態で戦闘不能を繰り返し、最終的に制限時間に間に合わなくなると言うことが多いかと思われます。

DPSシート最強装備は、果たしてバトル系コンテンツで最適な装備なのでしょうか?

別の某有名ブログでは盾をおやりになっていてアタッカーの装備も晒している方がいますが、そちらではアタッカー装備にカット装備が必ず組み込まれており、今までの長々と説明していた事情を本能的に理解していて好感が持てます。(ほぼ固定で活動されているようで、カットが少々大げさな気もしますが、嫁の回復に不安があったりするのでしょうかね…。それともカット盛り盛りは嫁にガミガミ言われて渋々なのですかねぇ…。わし的妄想です。)

結論
バトル系コンテンツで制限時間に余裕があるならば、アタッカーはカット装備を組み込んで自キャラの瞬殺を避けなさいと言うことです。

それでも「やめられない止まらない、ノーカット装備♪」でお送りしました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

washi2018

Author:washi2018
活動鯖:Bahamut
キャラ名:Likter(リクター)
タルプリをこよなく愛するお髭の管理人

FF11関係サイトはリンクフリーです。ただし著作権法により引用は認められていますが、転載は管理人の許可が必要です。

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
© 2002-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カウンター