記事一覧

ソロぼっちでも欲しい伝説の武器

わし的にFF11は「お着替えパズルゲーム付きお散歩チャットツール」と言う謎ジャンルのゲームなのですが、お散歩がパーティ推奨なのが悩みの種の内の一つでしょうか。β時代の伝説のPOL紹介動画のように、リアルの友人と連絡を取り合って一緒にFF11をプレイする見たいなことは普通はまずないので、初めは誰でもソロでログインすると思われます。そして一人ぼっちとソロプレイを合わせて「ソロぼっち」と言われるパーティプレイを毛嫌いするプレイヤーの方が誕生する土台となる訳です。

わしはリアルフレに嫌々連れ出されて発売前イベントでの試遊台で遊んで、泣く泣くBBユニットを予約させられ、指をくわえないで届かない方がいいなとBBユニットが来てしまって設定を急かされて、バストゥークの鉱山区に降り立った訳ですが、その状態だったゲームを今もプレイしている事が摩訶不思議なファンタジーですな。ただマップの作りこみは凄かったのを感心はしまして、バスを1ヶ月間くらい出なかったのですよ。クエストとツェールン鉱山の往復で過ごしていましたね。初めてバスを出たら知らないガルカさんに枯れ谷でゴブ狩りするからとパーティに誘われたのが初パーティだったかな。ここで誘われてなければ、わしも「ソロぼっち」を拗らせていたのかなと、今でも思いますね。当時はフェイスなど無く、わしは戦士で回復も出来んのでパーティ必須、フレは赤だったのでソロを楽に過ごしていたようです。ここらの環境の違いが、その後のわしとフレの明暗を分けたようです。わしは絆プレイに囚われ、フレは絆強制に嫌気がさしてヴァナを去りました。(機会があって「いいね」多かったら、ここらをクローズアップしても良いかもです。)

話は現代に飛んで、今ではフェイスがあり、パーティプレイをしなくてもクエストやミッションは進み、一部のコンテンツまでやれますね。これは「ソロぼっち」を拗らせる大きな割合を占める原因なのではないかなと考えた次第です。強くそう思い出したのは、RMEEAのダイバーで強化の件ですね。後にプロデューサーがソロでも出来ますよと訂正する程、ユーザー間で衝撃が大きかったのだと思われます。今はIL無双と言われる通り、昔のパーティ必須コンテンツであるRME作成は全工程がソロで完結するくらいになっていまして、昔の憧れだった武器がソロで作れると復帰者にも大人気のコンテンツになっていました。それが次の強化はパーティ必須で、しかもかなり強化したプレイヤーでも苦労するコンテンツを攻略しないとならないはずでした。

伝説の武器

わし的にはパーティプレイに抵抗がないので、そう言ったコンテンツもあった方が良いかもねと思いましたが、「ソロぼっち」を拗らせたプレイヤーの方々には大不評だったようですね。60時間に1回とかアライアンス規模のメンバーのスケジュール調整とか少ない開発リソースを少数プレイヤーのために拘束するとか、システム回りやリアル都合の不満は理解出来るのですが、RMEはソロで完結させるべきと言った意見まで出るのは重症なんだなぁと感じました。

例え「ソロぼっち」で伝説の武器を取得出来たとして、何に使うのでしょうか? わしの知り合いの有名大富豪のように全てのRMEEAを作ってモグハウスに飾りたいとかなのでしょうか?

(ちなみに大規模多人数参加型(MMO)ロールプレイング・ゲームとしてはありえないですが、RPGの出典となるファンタジー小説などで主人公は大抵の場合にソロで伝説の武器を取得しますね。パーティプレイ必須なシステムを世界観的に説明して頂けるとシナリオが重厚なMMORPGが好きなプレイヤーとしては、しょうがないかなとか思えるのですが、イベントシーンはもう作れないのですかね…。)

聞くも語るも涙?の「ソロぼっちでも欲しい伝説の武器 番外編」はこちらより。

コメント

No title

こんにちは! いつも楽しく拝見しています。

>例え「ソロぼっち」で伝説の武器を取得出来たとして、何に使うのでしょうか?
非常に同感です。支援ジョブが好きなこともあり、苦労して取得した装備品は、仲間と共に戦う時にこそ真価を発揮しますし、喜びややりがいも感じます。
究極の武器だからこそ最高難易度のものであってほしいですし、誰にでも作れるようなものにはしてほしくありません。RMEEAダイバー強化の件、ユーザー側から強い反発が多くあったと聞き、驚くのと同時に少し残念な気持ちになりました。

イオニックウェポンは、パッセ戦術で作成が容易になったらしいですが、それでもソロでは作成不可能な点、何より「仲間と共に作る」という意味で、自分にとってはまた別の思い入れがある武器になればいいなと思っています。
(わしさんの記事のおかげもあって、やっとビーズがたまり、先日大事なものと交換できました。ありがとうございました)

わしさんが絆プレイに囚われ、フレンドさんは嫌気がさしてヴァナを去ってしまった件、よろしければピックアップお待ちしています。

この手の話では本当によく「ソロで強い武器を手に入れて何するの?」が出ますが、失礼ながらこういった疑問が生じることが疑問に思えてしまいます。

例えばソロで高CLコンテンツ(ギアスやオーメン)に挑むのにRMEEAを欲することは、さほど不自然とは思えません。
場合によっては金策の効率化のためにより強い武器を所望することもあるでしょう。
あるいは、PTに参加するためのチケットとしてRMEEAを欲するというのも、現在のヴァナではごく自然な動機となり得ます。

こういった状況や動機は別段珍しいものではないと思うのですが、それでもやはりソロプレイヤーが強い武具を求めるのは異様な光景に見えてしまうものなのでしょうか……。

Re: タイトルなし

> ソロプレイヤーが強い武具を求めるのは異様な光景に見えてしまうものなのでしょうか……。

コメントありがとうございます。
わしがおかしいのです。LSリーダーにも「他の人がどういった○○を作ろうが勝手じゃないかな」と窘められます。
そしてさらに悪いのが、強化RMEEAを必要とするコンテンツを発表できない(しない)■eだと思いますね。まあ絶望的な難易度のコンテンツを先に用意してから、強化RMEEAによって緩和といった段階を踏むよりはマシな運営の仕方になったかと思われますが。

Re: No title

Zガルカさん

> わしさんが絆プレイに囚われ、フレンドさんは嫌気がさしてヴァナを去ってしまった件、よろしければピックアップお待ちしています。

コメントありがとうございます。
そちらについては、書いて面白そうな文章になれば記事にしたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

washi2018

Author:washi2018
活動鯖:Bahamut
キャラ名:Likter(リクター)
タルプリをこよなく愛するお髭の管理人

FF11関係サイトはリンクフリーです。ただし著作権法により引用は認められていますが、転載は管理人の許可が必要です。

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
© 2002-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カウンター