記事一覧

ソーティの悪魔の扉「Gate #B3」

この頃は真面目にソーティでマラソンしていますが、ちょっと理不尽な状況に陥りました。

下層Fゾーンの妖精(ピクシー族)大部屋と、Gゾーンの筋肉(ヴァンピール族)大部屋で、Gadget使って箱を出したり脱出時にボコられるのは有名ですが、今回は違います。

上層Bゾーンの「Gate #B3」です。

Cボス終わってコルセアのボルターズロールを受けて、南側から北側のBボスまで走り抜けているのですが、Gate #B3の付近には「Biune Umbril」と言うアンブリル族が生息しています。

こいつは視覚感知ですがボルターズロールを受けていれば追い付かれないので、インビジしないで突っ切っているのが普通だと思われますが、今回は状況が悪かったです。

手前の通路で1匹感知されて追いかけられて迫られている所に、Gate #B3前に2匹のアンブリルが扉の方向を向いて見張っていました・・・。

あせってGate #B3を開けようとしますが、アンブリルから攻撃を受けてアンブリルにタゲが移って、アンブリルに対してオートアタックをしてしまいました(笑)

↓下の画像はイメージで実際の状況の時ではありません。
Gate #B3

↓その時の場所と状況。
ソーティUmbril

間違ってオートアタックしなれば行けるかなと思いましたがアンブリルが近かったので、いずれにせよボルターズロール切れは避けられないですし、インビジして通過していれば良かったかなと反省しました。

幸いにも後で来た黒さんとわしでブレイク(ガ)して戦闘不能者は出なかったのですが、わし的にアンブリルの見た目と合わせてこの扉を「悪魔の扉」と命名した瞬間でした(笑)

コメント

No title

先頭走ってると扉開けるのにインビジ切らないといけないですし、かけ直すの意外と面倒なんですよね。
というわけでワタシは他の誰かに先頭走らせて2~4番手位を走るようにしてますw

Re: No title

> 先頭走ってると扉開けるのにインビジ切らないといけないですし、
> かけ直すの意外と面倒なんですよね。
> というわけでワタシは他の誰かに先頭走らせて2~4番手位を
> 走るようにしてますw

アンブリ1匹なら扉の左右端どちらかは視覚感知外なのですが、
今回は2匹居たので運が悪かったです(笑)

今後はインビジして走る事にします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

washi2018

Author:washi2018
FF11活動鯖:現在Bahamut(出身Ramuh)
キャラ名:Likter(リクター)
育成ジョブ:戦白黒ナ獣吟コ学風剣

遍歴とブログ紹介:
リアルフレに嫌々連れ出されてFF11発売前イベントでの試遊台で遊んだ頃から2009年元日までプレイして一時は引退し、2015年4月16日に復帰したら強制的に鯖移転されていた、タルプリ(タルタルのプリッとしたお尻をさらけ出した戦闘不能の状態)をこよなく愛するお髭の管理人です。

「FF11ストレージ・装備セット・マクロ読込表示&相互解析 MS-Excelファイル」公開用と、タイトルに名前のあるLSリーダー捜索用(復帰済み)に自分用の日記帳 兼 メモ帳としてブログを立ち上げました。

Windows上のブラウザで閲覧する事を推奨致します。確認はGoogle Chromeのみで行っています。スマホでの閲覧はお勧めしません。

誹謗中傷や記事の趣旨に沿わないコメントは非公開または削除の対象です。提案は検討させて頂きますが、わしのプレイスタイルに反する押し売り行為やレッテルを貼る行為等についても同様です。

基本的にリンクフリーです。ただし著作権法により引用は認められていますが、転載は管理人の許可が必要です。

当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2002 - 2024 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カウンターは「二重カウントしない」設定なので24時間で1日1ユーザにつき1カウントです。

カウンター

Twitterタイムライン

リンク